スタンド・バイ・ミー (1986)【映画】

      2014/10/31

12才の夏、誰も大人になんかなりたくなかった…。

スタンドバイミー ロブライナー

『スタンド・バイ・ミー (Stand by Me)』鑑賞。1986年アメリカ。ロブ・ライナー監督。89分。

モダン・ホラーの帝王スティーヴン・キングの非ホラー短編を基に、ロブ・ライナーが少年時代の想い出をさわやかに描き上げた名編。オレゴンの田舎町、行方不明になった少年の死体を見つけようと、ちょっとした冒険旅行に出かける4人の少年。コロコロと笑い、ささいな事で怒り、突然不安に襲われたりする、少年期特有の心情がつぶさに描かれており、少年時代の原風景とでも呼べる山や森を見事に捉えた映像と相俟って、かつて少年だった男たちの琴線に触れてやまない一編である。そして、タイトルにもなっているベン・E・キングのスタンダード・ナンバーは、何にもましてこの作品の切なさを代弁している。

via: allcinema

初鑑賞。有名なテーマ曲と、4人の少年が線路を歩く、てことくらいしか知らなかったので、若き日のジャック・バウアー (エース / キーファー・サザーランド) が出てきたのにはかなり驚いた笑。

子供時代の普遍性

80年代に製作された、50年代のアメリカの少年たちを描いた物語だが、少しも古びていないことがまずスゴイ。

秘密基地を作ったり、冒険へ出かけたりってのは、例えば『20世紀少年』や『ペンギン・ハイウェイ』なんかとも重なる描写で、少年たちの世界ってのは時代も国も関係なく共通なんだってことがよくわかる。

ペンギン・ハイウェイ (森見登美彦)【読書】 (コタノト!)

子供たちが主人公の物語って、いかに彼らの目線で語れるかってところにかかってると思っているのだが、これがなかなか難しい。

本作は子供の賢さと幼さの境界が絶妙で、子供っぽい矛盾を (映画としては) 矛盾なく描いてて素晴らしい。このあたりを履き違えちゃってる作品はたくさんある。

The Body

キングの原作は『The body (死体) 』とゆうタイトルで、ぼくはこのタイトルのほうが好き。

誰にでも起こる、どこにでもあるちょっと不思議なおはなし、てのがいかにもキングらしくて良い。

作家である語り手の回想、とゆう構図になっているのだが、若き日の主人公が劇中が語る「ブタケツ」の話は、ストーリーテリングの難しさみたいなものを物語ってて面白かった。

オチが伝わらずに困ってしまう少年。面白い話を面白く語るのって難しいんだよなあ。

大人の世界との対比

少年たちが歩いて2日がかりの距離を、街の不良であるエースたちは車でサクッと数時間で来てしまう。

大人にとっては何でもない距離なのに、子供にとっては大冒険。この辺りの対比が実に巧くできている。

子供時代にしか体験できないこと、てのはやっぱりあるよなあとしみじみ思ってしまう。

さいごに

キング原作の映画やドラマはたくさん観たけど、そいえば本は一篇も読んだことないんだよなあ。短篇あたりからちょっと読んでみようかな。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

 -1989年以前の映画 , ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

プラトーン (1986)【映画060】

戦争で傷つくのは、いつも青春。

銀行強盗は計画的に【映画】狼たちの午後 (1975)

圧倒的な人物造形。爆発寸前のニューヨークを繊細な描写で綴る、シドニー・ルメットの傑作。

いまを生きる (1989)【映画107】

その人はひらめきと、そして人生の素晴らしさを教えてくれた……。

未知との遭遇 (1977)【映画】

We are not alone. 宇宙にいるのは われわれだけではない。

街の灯 (1931)【映画】

盲目の花売娘のために奮闘するチャーリー。無償の愛を笑いと涙で描く不朽の名作。

悪魔の手毬唄 (1977)【映画093】

可憐な手毬唄にのって起こる、凄絶な連続殺人。

めまい (1958)【映画066】

死の気配を漂わせた美女と彼女に魅入られた男の皮肉な運命。

スティング (1973)【映画070】

いっちょ カモろうぜ!

シャレード (1963)【映画】オードリー・ヘプバーン最高傑作!

“シャレード”、それは謎解きゲーム。

サイコ (1960)【映画】

ヒッチコックの『サイコ』を観ました。何度観ても興奮するサイコスリラーの金字塔です。圧倒されるようなゾクゾク感の連続で、食い入るように観てしまいました。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly