ナイト ミュージアム2 (2009)【映画】

      2014/12/02

歴史も宇宙も美術も!世界最大の博物館が動き出す!!

ナイトミュージアム2

『ナイト ミュージアム2 (Night at the Museum: Battle of the Smithsonian) 』鑑賞。2009年アメリカ。ショーン・レヴィ監督。105分。

夜の博物館で、ひとりでに動き出した展示物たちによる騒動を描いた『ナイト ミュージアム』の続編。世界最大の博物館・スミソニアンを舞台に、ナポレオンやアインシュタイン、深海に住む巨大なダイオウイカまで、歴史や自然界の遺産たちが次々と動き出す。

via: シネマトゥデイ

主演はベン・スティラー。共演にエイミー・アダムスほか。オーウェン・ウィルソン、ロビン・ウィリアムズなどは前作と同役で出演。

つーわけで、大好きなエイミー・アダムス目当てで鑑賞。前にも観たことがあるような気もするが、すっかり忘れていたし観終わってもピンとこなかった笑。

まあ観てたとしてもエイミー・アダムスのことはちゃんと認識してなかったしなあ。ひょっとすると『1』と混ざってインプットされているのかもしれない。

まあこの手の映画って、細かい部分が違うだけで大まかな展開はおんなじだからなあ笑。

その前作は昔観た (観たってことだけは確かなんだけど、細かい部分はやっぱり憶えていない笑) んだが、今回は観ずにいきなり『2』から鑑賞。けっこう繋がってるとゆうか、前作を受けるカタチで始まるのでちょっと戸惑う。

まあ、はなしが通じないってほどではないから何とかなるし、一応昔に観てるわけだからところどころ思い出したりもして補完できた。つかストーリーは大したことないんで、いきなり『2』から観てもだいじょぶだろう笑。

エイミー・アダムス!

エイミー・アダムスは『魔法にかけられて』(観たことないけど) といい本作といい、この映画の頃はちょっと勘違いしてる役が多いとゆうか、完全に「なりきり芸人」扱いだなあ笑。何だろ、お人形さんみたいな顔立ちだからかな。全力で演じているの観ていて気持ちいい。

えらい若々しくて (今でも十分若々しくて好きだけど) ピチピチしてるから、20代後半くらいかなあと思ってたんだけど、こんときでも30代半ばかあ。素晴らしい!

あと今回は吹替版を観たんだけど、エイミー・アダムスの好きなところってやっぱり声とか喋りかたなんだなあ、てことを再認識した。つかぼくの場合、この俳優さんいいなあて思うのって、だいたいが見た目よりも喋りかたに惹かれるんだよなあ。

だから吹替だと楽しみが半減しちゃってちょっと残念だった。つかところどころ戻して、字幕なしの英語に切り替えたりとかして無理やり楽しんだりした。

ベン・スティラー!

ベン・スティラーはちょっと苦手な俳優さんなんだが、このひともやっぱり吹替だと魅力がピンとこないとゆうか、その辺りが苦手な原因なのかなあとちょっと思った。

コメディアンて間の取りかたとか天性のものだし、やぱ英語で観ないとあんまり笑えないなんだよなあ。てまあ彼の映画は吹替で放映されることのほうが多いんだけど。

まあ英語で観ても笑いのツボが違うから大して笑えない、てのはあるけど (笑) 、少なくとも英語だと不自然さはそんなに感じないような気がする。

アホみたいに早口でしゃべったりとかって、吹替だとちょっとオーバーとゆうか、嘘くさくなっちゃう。それが英語だとあんまり気にならない

ベン・スティラーて、とにかく「いいひと」の役が多い。究極の普通とゆうか、ひとのよさだけが取り柄みたいなキャラクタがとにかくよく似合う。コメディて、何もヘンなひとがヘンなことやって笑わせるわけじゃないんだな、てのがホントによくわかって面白い。

あとこれは関係あんのかどうかわかんないけど、地下倉庫とかユニホーム姿とか、ちょっと日陰な印象の場所やアイテムがすごくよく似合うのも面白い。何だろ、顔はけっこうハデなのに、何か地味なんだよなあ笑。

だからか、突然のライトアクションには驚いた。ムダに強くてカッコイイ笑。何だか設定がすごいチグハグなんだよなあ、てこれもウケ狙いなんだろうか。だとしたらちょっとズルいな。

つかベン・スティラーて、コメディ以外の映画に出たことってあるんだろうか。前半の地下に潜入するパートはアクションも含めてけっこう様になってるんだよね。歩きかたなんかすげーそれっぽい。

完全にシリアスなアクションサスペンスなんかも一度観てみたいと思った。

設定のユルさ笑

展示物のレプリカたちが動き出すってのは、『トイ・ストーリー』みたいな面白さがある。自分たちがレプリカだってことを認識していないあたりがなかなか良い。

シーンによってははっきりと認識してるようなところもあったりして、そのあたりの設定はかなりいいかげん。けどまあ細かいところは気にしないってことで笑。

前作はニューヨークの自然史博物館が舞台だったみたいだけど、『2』てことで今回はスミソニアン博物館にスケールアップ。つかスミソニアンて、ひとつの博物館じゃなくて、14個の博物館群なのね。

場所が変わって新キャラがどかどか出てくるんだけど、結局のところ活きてるのは前作のキャラなんだよなあ。

オーウェン・ウィルソンとスティーヴ・クーガンのミニチュアコンビが特に良かった。最後のほうのアクションで、ストップモーションで足を突いていくシーンは『300〈スリーハンドレッド〉』のパロディみたいになっててけっこう笑える。

時代が混ざるってのが本シリーズ最大の面白さなのかなと思うんだけど、より過去の展示物、例えばエジプトのファラオなんかが、後の時代のナポレオンとかアル・カポネなんかのことを知ってる節があったりして、とにかく設定がユルい笑

航空・宇宙館へ行くところの展開なんて、まあそうなっちゃうよねってゆう予想通りのドタバタぶりとゆうか、それ主人公が気づかないのがおかしいだろ笑と、思わずツッコミたくなる。

そーゆういい加減さやユルさが魅力とゆうか、まあ面白いからいいのかもしれないけど、個人的に辻褄が合わないのはあんまり好きじゃないから、けっこうモヤモヤした。

さいごに

石盤の魔力 (?) を利用して博物館を再建する、てオチはなかなかうまく収まってて良かった。自分たちだけの秘密にしておいてほしい、て気もちょっとしたが、そのオチは前作で使っちゃってるみたいだしなあ。

またまたエイミー・アダムスが出てきたりして、ニヤリと出来たしまあいいか笑。モトローラのオマケも、いいね!

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

▼▼▼▼

続編が2014年12月に公開予定らしい。『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』。またエジプトなのか笑。

『ナイト ミュージアム』第3弾は12月日本公開!邦題は『エジプト王の秘密』 – シネマトゥデイ

ベン・キングスレーが出てくるみたいだけど、エジプト王役かなあ。『2』を観てるときに、ベン・キングスレーとか似合いそうだなあなんて思っただけに、かなりナイスなキャスティングだと思う笑。

『ナイト ミュージアム2』のあらすじはこんな感じ。

警備員として夜のニューヨーク自然史博物館を平和に戻して以来、ビジネスも息子との関係も良好なラリー (ベン・スティラー) 。ある日、スミソニアン博物館の展示物から、助けを求める電話が舞いこむ。何と、世界征服を企むエジプト王ファラオが、歴史上の有名戦士たちを率いて戦いを始めようとしているとのことだっだ。

via: シネマトゥデイ

iTunesはこちら。▷ ナイト ミュージアム2 (日本語吹替版)

 -2000年代の映画 , ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

アフタースクール (2008)【映画029】

『アフタースクール』鑑賞。再鑑賞でしたが、展開すっかり忘れてたのでまた騙されてしまいました。見事な伏線回収にスッキリ。

そんな彼なら捨てちゃえば? (2009)【映画】

男子禁制のガールズ・トーク・ムービー!

ラッキーナンバー7 (2006)【映画075】

すべては〈幸運のナンバー7〉から始まる。

ワイルド・スピード (2001)【映画098】

太陽が沈むと、もう一つの世界が始まる……。

スーパーマン リターンズ (2006)【映画051】

あなたまで1秒。

シービスケット (2003)【映画063】

一度や二度のつまずきは誰にでもある。

トゥームレイダー2 (2003)【映画】

カラダが欲しがる世界の刺激。

ワイルド・スピードX2 (2003)【映画105】

限界を突き抜けろ!

KT (2002)【映画048】

「金大中事件」を題材としたサスペンス映画。こんな恐ろしいスパイ活動が日本でホントにあったなんて、ホント恐ろしい。落ち着いた雰囲気で静かに展開する大人なサスペンスでした。

プラダを着た悪魔 (2006)【映画030】

『プラダを着た悪魔』鑑賞。華やかで軽くて、人生哲学めいたことをいろいろと考えることもできるけど、あんまり説教臭くないので余計なこと考えなくても楽しめます。いろんな見方ができるステキな映画です。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly