マイベスト・ヒッチコック!

      2014/08/14

生誕115周年てことで (中途半端笑) !

8月13日は大好きな映画監督アルフレッド・ヒッチコックの誕生日。つーことで数ある作品の中から、特に好きなものを5本選んでみました。

順位つけたりってのはあんまり好きじゃないんで、並びは公開年順です。れっつごー。

裏窓 (Rear Window / ’54)

裏窓 ヒッチコック

何やってんだかわかんない、けど怖い!てゆうヒッチコック全開な映画。映画史上一番動かない主人公なんじゃないかな笑。あとグレース・ケリーがステキすぎ。

以前書いた感想はこちら。▷ 裏窓 (1954)【映画】

知りすぎていた男 (The Man Who Knew Too Much / ’56)

知りすぎていた男

オープニングのシンバルが繋がったときの快感といったら!

ドリス・デイの『ケ・セラ・セラ』も素晴らしいです。今観てもわかりやすい作りでしかも面白いってゆう、ヒッチコック入門に最適な映画かなとも思います。

めまい (Vertigo / ’58)

めまい ヒッチコック

観るたびにどんどん引き込まれる、不思議な魔力を持っている映画。有名な「めまいショット」もあるよ!

つかヒッチコックが好きってゆうか、ジミー・スチュワートが好きみたいな感じになってますね今んところ笑。

以前書いた感想はこちら。▷ めまい (1958)【映画066】

サイコ (Psycho / ’60)

サイコ ヒッチコック

ヒッチコックといえば『サイコ』。シャワーシーンは何度観ても素晴らしい!ソール・バスのタイトル・シークエンスもめちゃめちゃオサレでカッコイイです。

ジャネット・リーの逃避行を描いた前半のサスペンスも、けっこう好きだったりします。

以前書いた感想はこちら。▷ サイコ (1960)【映画】

ちなみに、製作秘話を描いた『ヒッチコック』も面白くてけっこう好きです。アンソニー・ホプキンスとヘレン・ミレン、スカヨハのモノマネ対決が楽しい!

ヒッチコック アンソニーホプキンス

ヒッチコック (2012) 【映画】

鳥 (The Birds / ’63)

鳥 ヒッチコック

災害パニックものの元祖みたいな映画。鳥がただただ襲ってくるってゆう、わけのわからない怖さがあります。サスペンスとゆうよりはホラーに近いですね。

さいごに

後期の作品がやっぱり好きですね。あえて一番を選ぶとすれば、やっぱり『サイコ』かなあ。

初期の作品とか観たことないものもけっこうありますし、『ダイヤルMを廻せ!』とか『泥棒成金』『北北西に進路を取れ』なんかみたく、観たけどあんまり憶えてない、て作品もチラホラあります。また観なおしたいなあ。

今でも色褪せない作品ばかりですし、何度観ても面白くて飽きないです。サスペンスの神様やっぱすげ。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

 -1989年以前の映画

ad

スポンサーリンク

  関連記事

フレンチ・コネクション2 (1975)【映画】

刑事ポパイ、マルセイユへ!

網走番外地 北海篇 (1965)【映画】

北海狼蹴散らして、帰ってきました網走野郎!ドスの高倉暴れまくる、人気シリーズ中の最高傑作!

恐怖と欲望 (1953)【映画041】

『恐怖と欲望』鑑賞。粗い部分はあるものの、キューブリックっぽさは存分に味わうことができます。光と陰のコントラストで描かれるざらついた雰囲気に、ついつい惹き込まれてしまいました。

エイリアン (1979)【映画038】

『エイリアン』鑑賞。気持ち悪さや怖さはもはや「芸術」といっていいかもしれません。エイリアンのヌルヌルネバネバした質感がとにかく気持ち悪くて怖いです。

めまい (1958)【映画066】

死の気配を漂わせた美女と彼女に魅入られた男の皮肉な運命。

ウォール街 (1987)【映画050】

今観ても全く古びていないことに驚きました。ゴードン・ゲッコーが強烈なインパクト!

サイコ (1960)【映画】

ヒッチコックの『サイコ』を観ました。何度観ても興奮するサイコスリラーの金字塔です。圧倒されるようなゾクゾク感の連続で、食い入るように観てしまいました。

ゴジラ (1954)【映画】

60周年記念デジタルリマスター版!

恐怖の報酬 (1953)【映画】

南米の油田で発生した大火災を消火するため、ニトログリセリンをトラックで運ぶ4人の男を描いた傑作サスペ

フレンチ・コネクション (1971)【映画027】

『フレンチコネクション』鑑賞。とにかく説明してくれない不親切な映画ですが、何かよくわかんないながらも観てるとじわじわ面白くなってきます。カーチェイスは圧巻!

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly