イエスマン “YES”は人生のパスワード (2008)【映画】

      2014/12/02

それは、今まで誰も気づかなかった幸せになる方法。

イエスマン ジムキャリー

『イエスマン “YES”は人生のパスワード (Yes Man) 』鑑賞。2008年アメリカ。ペイトン・リード監督。104分。

人生において常に「ノー」を連発してきた後ろ向きな男が、どんなときでも「イエス」と言うルールを自分に課したことから騒動が巻き起こるコメディー。すべてに「イエス」と言ったらどうなるかを実際に試してみた、BBCラジオディレクターの体験実話が基になっている。

シネマトゥデイ

主演はジム・キャリー。共演にゾーイ・デシャネル、ブラッドレイ・クーパー、テレンス・スタンプなど。

感想を一言で表すと、ゾーイ・デシャネル、やっぱカワイイ笑!

つーわけで完全にゾーイ目当ての鑑賞。ジム・キャリーはちょっと苦手なので、映画そのものにはあんまり期待してなかったんだが、バカバカしくもなかなかよくできてて面白かったー!

ゾーイ・デシャネル、安定のカワイさ!

『(500)日のサマー』のサマーでおなじみゾーイ・デシャネル。

あの映画はゾーイつーかサマーのキャラ設定もだいぶ素晴らしいんで、ほかの作品だとどーなんだろ、てのが気になってたんだが、本作でも安定のカワイさを放ってて安心した。

つかキャラあんま変わんねー笑。むしろ本作のがその不思議少女 (少女ではないか) っぷりは増してるように思う。

なかなか出てこなくてちょっと焦らされたあげく、バイクに乗って登場するところなんて、めちゃくちゃカッコイイ

あのメットが似合うとかどんだけなんだ!スクーターで2ケツとかちょっと『ローマの休日』ぽいしなあ。

ライヴシーンもなかなかの見どころ。つかバンド名が「ミュンヒハウゼン症候群」てのも、センスが何かスゴイ笑。ゾーイは歌手もやってるだけあって歌も巧い。声がいいよね。

ジム・キャリーの変顔

ジム・キャリーの映画って何だか久しぶりに観たんだけど、相変わらずの顔芸とかやっぱ苦手だなあと思った笑。

けどしばらく観てると慣れてくるから不思議。ジム・キャリー・ワールド全開笑

何か苦手なくせに変顔で思わず笑っちゃったりもするから腹立たしいんだよなあ笑。上司のノーマンとの、変顔対決みたいな件は爆笑できる。ベタだけど。

とにかく全体的に笑いの取りかたがくだらねーんだけど、そんなくだらなさがサイコーにじわじわくる笑

自己啓発コメディ

ギャグはベタでバカバカしいわりに、テーマは意外とまっとうとゆうか、なるほど共感できる部分はたくさんあった。テレンス・スタンプのセミナーは怪しすぎだけどな!

まあぼくも電話は基本無視だったりするから、カール (ジム・キャリー) の気持ちはわからなくもない。あ、でも彼みたく言い訳したり取り繕ったりはしないか。て余計にタチ悪い笑。

結局のところ「情けは人のためならず」みたいなことなんだけど、一筋縄でいかないところがなかなか巧くできている。

つか韓国語とかギターレッスンとか単なるネタなのかと思ってたら、ちゃんと伏線として回収されたからけっこうビックリした。よくできてる!タダのバカバカしい映画かと思ってて何かごめんなさい

自殺を食い止めるために窓から熱唱するシーンなんて、実に映画的で素晴らしい。あーゆうちょっと破綻してるようなシーンて、まさに映画の醍醐味だなあと思う。

さいごに

一見バカバカしくてじわじわ笑えて、けど実は善い教訓もたくさん詰め込まれてて、何気にサイコーに素晴らしい映画だった。

ゾーイ・デシャネルもカワイイしな笑!

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

オマケ

アリソン (ゾーイ) のバンド名になってる「ミュンヒハウゼン症候群」てのは、周りの関心を引くために病気のフリをしたり自分を傷つけたりってゆう精神疾患らしい。

ミュンヒハウゼン症候群 – Wikipedia

英語だと「Munchausen By Proxy」で、これは「代理ミュンヒハウゼン症候群」と言って、傷つける対象が自分じゃなくて周囲のひと (子供とか配偶者とか) になるらしい。

代理ミュンヒハウゼン症候群 – Wikipedia

その「Munchausen By Proxy」の歌 (劇中歌 & エンディング) がなかなか良かった。Youtubeにあったのでいくつか載せておく。

「Uh Huh (Who are you)」と「Yes Man」がかなり好き。

YES MAN : Uh Huh (Who are you) – YouTube

Munchausen By Proxy “Sweet Ballad” – Yes Man Soundtrack Album – YouTube

“Yes Man” Performed by Von Iva and Zooey Deschanel – YouTube

サントラをiTunesで聴く↓。

ちなみにゾーイ・デシャネルは、シー&ヒム (She & Him) てデュオで音楽活動もしている。どーりで歌うまいわけだ。

iTunesで聴く↓。

Volume 3

1,500円
(2014.08.22時点)
posted with ポチレバ

オープニングのカール (ジム・キャリー) の着信音 & クライマックスのドゥカティ爆走シーンでかかるのは、Journeyの「Separate Ways」て曲。テンション上がるわー笑。

セパレイト・ウェイズ ジャーニー – YouTube

何かのスポーツ番組で使われてたよーな。とにかくどっかで聴いたことある。

あらすじ

あらすじはこんな感じ。

仕事でもプライベートでも「ノー」を連発し、親友の婚約パーティーまですっぽかしてしまう後ろ向き男カール (ジム・キャリー) 。生き方を変えようと決心した彼は、いつどんなときも「イエス」と言うルールを自分に課す。その結果、偶然知り合ったアリソン (ゾーイ・デシャネル) から好意を持たれるなど、運気を上げていくカールだったが……。

シネマトゥデイ

iTunesで観る。▷ イエスマン "YES"は人生のパスワード(字幕版)

Blu-rayで観る↓。

 -2000年代の映画 , ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

そんな彼なら捨てちゃえば? (2009)【映画】

男子禁制のガールズ・トーク・ムービー!

ラッキーナンバー7 (2006)【映画075】

すべては〈幸運のナンバー7〉から始まる。

南極料理人 (2009)【映画】

堺雅人さん主演の映画『南極料理人』を観ました。理系研究者のちょっと変な感じとか、オフの過ごし方とかが良い雰囲気で、すごい共感できました。

300〈スリーハンドレッド〉(2007)【映画】

300人VS1,000,000人、真っ向勝負!

no image

第9地区 (2009)【映画】

第9地区 [DVD] posted with カエレバ シャールト・コプリー ワーナー・ホーム・ビデ

9デイズ (2002)【映画036】

『9デイズ』鑑賞。あんまり深く考えずに楽しめる理想的なアクション映画。名優2人の掛け合いが最高です。

ゲド戦記 (2006)【映画085】

見えぬものこそ。

ボーン・アイデンティティー (2002)【映画】

久しぶりに『ボーン・アイデンティティー (The Bourne Identity) 』を観ました。もう何度観てるか思い出せないくらい大好きなアクション映画です。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (2006)【映画】

『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』鑑賞。ギャグか、てくらいのハリウッド的日本感がツッコミどころ満載です。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2008)【映画043】

大好きなデヴィッド・フィンチャー監督作品。「逆回転」という発想だけで「普通の人生」を「物語」にまで昇華させてるのがスゴイです。人生についていろいろと考えさせられる素晴らしい映画。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly