仕事は楽しいかね? (デイル・ドーテン)【読書】

      2014/09/25

この物語の主人公はあなたです!

仕事は楽しいかね?

デイル・ドーテン著『仕事は楽しいかね? (The Max Strategy) 』読了。2001年きこ書房 (1996年原著) 刊。野津智子訳。181ページ。

大雪で閉鎖になった空港で、偶然出会った老人”マックス”の問いかけに、動揺してしまった35歳の”私”。日々の仕事にゆきづまりを感じ、未来に期待感をもてない私に、老人は一晩だけの講義を開始した…。

via: Amazon内容紹介

つーわけで、今さらながら読んだ。原著が書かれたのは20年ほど前なので、もはやビジネス書・自己啓発書の”古典”と言っていいだろう。

本書にインスパイアされた類書やブログにも似たようなことが書かれているので、内容自体にそれほど驚きはないが、それでも“原典”らしい輝きがあって、大いに楽しく読むことができた。

翻訳本特有の読みにくさ、みたいなものはあって、示される例や笑いがちょっとピンと来ないところはあるものの、それでも十分読みやすい部類に入るだろう。

何よりもテンポがいいし、対話形式、ストーリ仕立てになっているのでサラサラと読み進めることができる。分量も短いし、数時間でサッと読み切れる。内容もスッと入ってきて心地いい。

テクニック的はことはほとんど書かれていなくて、心構えのような、よりファンダメンタルな事項に重点が置かれているので、今読んでもあまり古びていない

そして基本的な内容だからこそ、読むときの状況によって受け取りかたが大きく変わるような気もする。時折読み返してみたくなるような雰囲気がある。

ソーホーン効果のはなしが特に面白かった。ひとつのエピソードとゆうよりは、本書を貫く大きなテーマのひとつ、のようなところもある。

何が生産性に影響を与えるか調べるためにデータ取ろうと (いろいろ試そうと) すると、その行為そのものが生産効率を高める、てやつ。なにやら医学のプラセボ効果とも似ていて興味深い

本書ではほとんどビジネスの例ばかりが挙げられているけれど、科学の世界にも通じるものがあると感じた。確か山中伸弥先生も、本書は良い本だってどっかで言ってたっけ。

科学論文のプロセスなんて、ホント良い例だと思う。

論文になった研究を見ると、目的から結果まですげーキレイに並んでて、研究ってやぱ論理的だよね、て思うけど、実際は泥水をすくうような実験だった、なんてことはよくあるはなしだったりする。

ノーベル賞級の発見が、実は失敗や本来の意図とはズレたところから生まれきた、なんてはなしもよく聞く。

とにかく試す、試すってこと自体に失敗はない。偶然 (chance) に備えて、試し続ける、打席に立ち続ける、てのが成功する唯一の方法、てのはこの上なく刺さる。

いろいろ試すことで、30%向上させよう、てのも現実的な目標だなあと思った。がむばれば届きそう、だけどけっこう難しい、てゆうギリギリのライン。

成功本、みたいなものに疑問を投げかけているのも可笑しい。

人間は記憶を簡単に歪めるからなあ。後から振り返ると理路整然とした道を歩んできたように思いがち。だけど、その道をなぞれば成功できるかというと、まあそんなことはないよね。

つーのは言われるまでもなく当たり前なんだけど、ついついそーゆう成功本て、読みたくなっちゃうんだよなあ笑。

かといって、その成功ただのまぐれじゃん、てのもまた的外れな指摘で、自分が同じ状況に立ったとき、そのチャンスをちゃんと拾えたかって考えると、それもまた難しい。“まぐれ当たり学”、面白い。

後出しじゃんけんなら誰だって勝てるように、「革新」て後からだと簡単そうに見えるんだよね。

他にも、新しいアイデアなんてものはそうそうなくて、古いアイデアの中に埋まってる、て考えかたとか、良いなあと思える教訓がたくさん詰まっている。

つか、この本一冊読んでおけば、読まなくてもいい自己啓発本が世の中たーくさんある笑。とゆうかいろいろ読み漁るよりも本書を繰り返し読むほうがよっぽどためになるんじゃないか、なんてことも思ったりした。

そーゆう意味での入門書的な本書。なるほどなあ、いろんなひとが薦める理由がわかった。

続編も何冊かあるみたいなので、そちらもいずれ読んでみたい。

おわり。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

 -その他の読書

ad

スポンサーリンク

  関連記事

ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア (ジェフリー・ブラウン)【絵本】

『スター・ウォーズ』のパロディ絵本『ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア』を読みました。前作より生々しくて、父と娘の距離感などいろいろと考えさせられてしまいました。笑えるけど複雑です。

古典力学の世界 電磁気学の世界【読書】物理学対話 (砂川重信)

ニュートン力学と電磁気学。古典力学的世界像ができるまで。

結晶とはなにか (平山令明)【読書】

美しさと純粋さの秘密に迫る。

大栗先生、重力を語る【読書】重力とは何か (大栗博司)

宇宙を支配する力の正体。

物理学対話 (砂川重信)【読書】

古典力学から量子力学まで。

孤独のグルメ 巡礼ガイド (週刊SPA!『孤独のグルメ』取材班)【読書】

五郎が訪れたあの名店の魅力を余すことなく紹介!

ふたりの微積分 (スティーブン・ストロガッツ)【読書】

数学をめぐる文通からぼくが人生について学んだこと。

新しい超伝導入門 (山路達也)【読書】

リニアモーターカーだけじゃない!世界を変えゆく超伝導の原理をざっくり解説。

砂時計の七不思議 (田口善弘)【読書】

粉粒体の動力学。

なぜ理系に進む女性は少ないのか?【読書】

男女で生まれつきの能力差があるのか?

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly