新しい超伝導入門 (山路達也)【読書】

      2015/07/20

リニアモーターカーだけじゃない!世界を変えゆく超伝導の原理をざっくり解説。

新しい超伝導入門 山路達也

山路達也著『新しい超伝導入門』読了。2013年PHPサイエンス・ワールド新書刊。218ページ。

電気抵抗がゼロになる不思議な現象、超伝導。長らく「夢の技術」と思われてきたが、2012年横浜で「超伝導送電」が約5万世帯に向けて実施され、エネルギー問題解決への一歩になるなど、徐々に実用化が進んでいる。本書は超伝導の原理と、日本が世界をリードする最新技術についてやさしく解説。磁石が浮く「ピン止め効果」や高温超伝導、そして超電導リニアモーターカーのしくみや重粒子線がん治療への応用などを取り上げる。

via: Amazon内容紹介 (「BOOK」データベースより)

超伝導というのは実に不可思議な現象で、そのメカニズムにこそ面白さがひそんでいるとぼくは思っているのだが、一般的にはやはり「応用」のほうに興味があるらしい。

見た目は非常にシンプルでワクワクする現象のくせに、原理をまともに理解しようとすると途端に難しくなってしまう。

本書はそんな原理はそこそこに、超伝導の「応用」のみにフォーカスしている。

テレビのニュースショーなんかでよく耳にする、「我々の生活にどのような恩恵が……」てゆう、あれだ。役に立つか立たないかは、けっこうどうでもいいんだけどな笑。そーゆうわけにもいかないらしい。

超伝導は「夢の技術」なんて言われて久しいが、思ったよりもずっといろんなところで利用されている。とゆうことが、本書を読むとよくわかる。流行り (つってもこれもずっと昔からだけど) のリニアモーターカーの動作原理なんかは、何ともタイムリーな話題デスネ。

学生時代、超伝導の研究を齧っていたぼくからすると、前半部分にある超伝導の原理の説明はかなーり怪しげで、あーこれ書いてるひとまるで理解してねーんだろうな、てのがありありと伝わってくる。

そんでも歴とした「本」として出版されているんだから、何だか世の中恐ろしい。

後半、とゆうか本書のメインである応用的な話題は、ほとんど知らないはなしだったのだが、あんまり楽しめなかったな笑。自分が応用にホント興味ない、てことがよくわかった。

つか何が言いたいんだかよくわかんない記述が多すぎて、ほとんど流し読み状態。まあ、書いてるひとが理解できてないんだから、読者に伝わるわけないよね。

超伝導は「電気抵抗ゼロ」てのがインパクト強いけど、現状では電磁石としての応用がほとんど。だから本書には磁石のはなしもけっこう出てくる。

それと、応用上最大のネックは「冷却し続けないといけない」てところにあるから、冷却装置の話題も取り上げてたりする。

もうね、冷却技術ってのが最高に地味なんだなこれが笑。すんげー大事だってのはぼくも実験で扱ってたからよくわかるんだけど、まあときめかないよね笑。

何だか超伝導とは直接関係ない (そしてときめかない) はなしがあちこちに出てきて、何の本なのかよくわからなくなってしまっている。もうちょっと絞ってほしかったなあ。あまりにも掘り下げがなさすぎる。

まあ逆にゆうと、超伝導てけっこういろんな分野 (送電、リニア、医療、PCなどなど) で使われてるのね、てのがさらーっとわかる、てのが本書で一番言いたいこと、ぽいからまあ良いのか。

あ、けど唯一面白かったのは送電のおはなし。 (超伝導とは関係ない従来の) 送電のしくみって全く知らなかったので、なるほどなあと思えた。

つーわけで、応用とか何の役に立つかとか興味あるひとは、読んでみるとタメになるかもしれません。超伝導って、何だかよくわかんないけどスゴイ技術ナンデスネ。

おわり。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

Amazon・楽天で読む↓。

 -その他の読書

ad

スポンサーリンク

  関連記事

no image

「本好きへの13の質問」に答えてみる

まーしゃーないな。いっちょ答えたるか笑。

pepita3 再訪 (井上雄彦)【読書】

『pepita』でガウディの足跡をたどった井上雄彦が、再びスペインの土を踏んだ。カタルーニャを旅し、

ふたりの微積分 (スティーブン・ストロガッツ)【読書】

数学をめぐる文通からぼくが人生について学んだこと。

凶悪 ーある死刑囚の告発ー (「新潮45」編集部)【読書】

この本から事件が動き始めた!

no image

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術【読書】GTDはじめました

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 posted with ヨメレバ デビッド・アレン 二見書

マイベストブック2014!

2014年の読書を振り返ります。今年はあんまり読めなかったなあ。

pepita 井上雄彦 meets ガウディ【画集】

井上雄彦 × ガウディ!

泣いた赤鬼 (文・浜田廣介 / 画・浦沢直樹) 【読書】【絵本】

浦沢直樹版『泣いた赤鬼』読了。やっぱりこのおなはしは泣けます。

なぜ理系に進む女性は少ないのか?【読書】

男女で生まれつきの能力差があるのか?

孤独のグルメ 巡礼ガイド (週刊SPA!『孤独のグルメ』取材班)【読書】

五郎が訪れたあの名店の魅力を余すことなく紹介!

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly