まほろ駅前狂騒曲 (2014)【映画】

      2014/10/31

バツイチ二人。その愛を、命がけで守れ、便利屋!

まほろ駅前狂騒曲

試写会にて『まほろ駅前狂騒曲』鑑賞。2014年東京テアトルほか。大森立嗣監督。124分。

三浦しをんのベストセラー小説を実写化した『まほろ駅前』シリーズ第2弾。多田と行天の便利屋コンビが、前身が新興宗教団体という怪しげな組織を調査するうちに思わぬ事態に遭遇していく。

via: シネマトゥデイ

主演は瑛太・松田龍平。共演に高良健吾、真木よう子、本上まなみ、麿赤兒、大森南朋、永瀬正敏ほか。10月18日公開。

前作『まほろ駅前多田便利軒』 (TV鑑賞) がなかなか良かったので期待していたのだが、ちょっと拍子抜け。

うーん、映画、ドラマ (は未見、とゆうか今さらながらに再放送を毎週楽しく観ています笑) と続いて3作目ともなると、ファンムービー的な内輪ネタが多くなってきて、興ざめだった。

このシリーズは「便利屋」て職業上、いろんなエピソードを短編的に並べたほうが楽しめるような気がする。確か前作はそんな感じだったような。よく覚えてないけど。

本作でももちろん、いろんな仕事が舞い込んできて、それが最後にぐわっと繋がる、て展開を意図したんだろうけど、お世辞にも巧くいっているとは言いがたい

何だかムダに走ったりとか撃たれて血まみれになったりとか名前叫んだりとか (予告編参照) 、回を重ねるごとにつまらなくなっていった『踊る大走査線』を彷彿とさせて哀しい

それに、いたいけな子供で笑いとったりだとか、子供で泣かそうって魂胆が見え見えなのも何だか腹立たしい。そーゆうの大っ嫌いなんだよね笑。あーでも、「くまくまって名前のうさぎ」は、ぬいぐるみ好きとしてはかなりグッときた笑。

ぼくも子供は苦手だから、行天の気持ちや距離感はすんげーナットクできた。何だか怖いんだよね。好きになっちゃうのが怖い、みたいなところもある。

キャラクタはたくさん出てくるんだけど、あまりにもまとまりがなくて、何これカットされてんの?と疑うほど、後半の展開はヤケクソだった。

真木よう子さんとか、なんのために出てきたのか意味不明。あとで調べたら、ドラマ版の最後のほうにエピソードがあるのね。その後日談的な意味合いなんだろうか。ドラマファンは確かに知りたいのかもしれんけど、本作のストーリーとはまるで関係ない。

うん、何だかそーゆうオマケ出演みたいなのが他にもたくさんあって、焦点がボケまくっている。ずっと通して観てるファンは楽しめるんかもしれんが。

そいや、会場が爆笑の嵐なのもナゾだった。クスッと笑えるところは確かにけっこうあったけど、笑い取りにいってないよーなところでもだいぶウケてたからなあ。

個人的に一番面白かったのは、麿赤兒さんがふんどし一丁でカラダくねくね動かすところ!さすが舞踏家!て思って感動したんだけど、あんまりウケてなかったなあ笑。自分のツボがズレすぎてて怖い。

そいや、本作の監督さんは、麿さんの息子さん (大森南朋さんのお兄さん!) なのねはじめて知った!どーせなら親子のカラミも観たかったなあ。つーわけで本作のハイライトは大森一家です笑。間違いなく一番輝いてると思う。

と、ここまで読んできたかたはすでにお察しかと思うが、前作&ドラマ版を復習してから観にいくことを強くオススメする。

観てなくてもそこそこ話は繋がるけど、イチイチ「これ何だっけ?」てのが曖昧なまま進むのがけっこうストレスだった。ドラマはそもそもまだ全部観てないし、前作の細かいとこは忘れちゃってたしなあ。

多田と行天それぞれの過去と、由良公のエピソード、あとは暴力団の星と警察あたりのざっくりとした人間関係、あたりが頭に入ってると、だいぶ観やすくなると思う。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

オマケ

まちだリス園

本作で登場する「まほろリス園」は実在する。その名も「まちだリス園」(まほろのモデルは東京都町田市) 。まんま!

ここは行ってみたいなあちょー楽しそう。おっさんひとりでも入れるんだろうか。怪しまれないかな笑。

公式ページもカワイくてアガる!▷ 町田リス園 公式サイト

作品情報

あらすじ

まほろ市で便利屋を営む多田啓介 (瑛太) のところへ、中学時代の同級生・行天春彦 (松田龍平) が転がり込んで3年目。行天と凪子 (本上まなみ) の娘はる (岩崎未来) を預かって四苦八苦する中、まほろ市の裏組織の人間である星 (高良健吾) から、駅前で毎日のようにビラ配りをする怪しい団体「家庭と健康食品協会」の調査を依頼される。やがて、その協会は以前新興宗教団体だったことがわかり、代表の小林 (永瀬正敏) が行天の過去を知る人物だと判明する。さらに調べを進める多田たちだが、思わぬ形でバスジャック事件に巻き込まれていく。

via: シネマトゥデイ

予告編

映画『まほろ駅前狂騒曲』最新予告編 – YouTube

 -2010年代の映画 , ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

記憶探偵と鍵のかかった少女 (2013)【映画】タイッサ・ファーミガの美貌にやられる!

真実を知りたければ、思い込みを捨てろ。

テルマエ・ロマエ (2012)【映画】

映画『テルマエ・ロマエ』鑑賞。原作のファンですが、映画も原作以上に楽しめました。

メイジーの瞳 (2013)【映画091】

愛が何か見えているのは、きみの瞳だけ。

英国王のスピーチ (2010)【映画081】

英国史上、もっとも内気な王。

フランシス・ハ (2012)【映画】

ハンパなわたしで生きていく。

舟を編む (2013)【映画】

マジメって、面白い。

ジヌよさらば〜かむろば村へ〜 (2015)【映画】ひょっとして政権批判?

1円も使わないで生きていく!

フォーカス (2015)【映画】その真相はチェンジです

“視線”を盗め。

NO (2012)【映画】現実と虚構のクロスオーバー

CMは世界を変えられるのか!?

鍵泥棒のメソッド (2012)【映画095】自分情報ノートを作りたくなった

入れ替わった人生、大金の行方、そして結婚___。その先にはなんと、史上最高に爽快でトキメくラストが待

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly