ハングオーバー! (2009)【映画】

      2014/12/02

昨日の記憶が、全くない!?

ハングオーバー!

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い (The Hangover) 』鑑賞。2009年アメリカ。トッド・フィリップス監督。100分。

スリリングでパワフルなコメディー。結婚前夜祭に参加した4人の男たちがラスベガスで酔いの勢いに任せて体験する、ぶっ飛んだ2日間を描く。

via: シネマトゥデイ

主演はブラッドリー・クーパー。共演にエド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス、ヘザー・グラハム、ジャスティン・バーサほか。

笑いの足し算

タイトルのHangover (ハングオーバー) は、二日酔いとゆう意味。何ともそのまんまじゃないか笑。

お酒を飲み過ぎた次の日、朝起きたら昨夜の記憶が全くない。酒飲みなら誰もが一度は経験のある、頭の痛いはなしだ。けどここまで最悪だと逆に笑えてくる。とゆうかもう笑うしかない。

つー感じで、発想は面白いと思う。けど大して巧くもないし、何よりもあまり笑えない。やっぱこーゆうゴリゴリのアメリカンコメディはどーも苦手だ。下品なの好きじゃないしね。

一見バカバカしいネタがちゃんと伏線になってて、全てが疑問なく回収される、て展開はスマートだし気持ちいいんだけど、笑いの取りかたが「足し算」なんだよなあ。これでもかってほど盛られてて、何ともゴテゴテしている。とまあ、このあたりは好みの問題。

ムカつきまくるキャラクタ

キャラクタはみな素晴らしい。3人 (だけじゃないけど) ともしっかりキャラが立ってて、役割分担もわかりやすい。うん、この3人の掛け合いは、なかなか面白かったな。

あまりにキャラが立ちすぎてるとゆうか、全員憎たらしすぎてひとつも愛せない、てのが辛いとこだけど笑。アラン (ザック・ガリフィアナキス) とかホント見てるだけで腹立つわー笑。

あとブラッドリー・クーパー (フィル) て、こーゆう軽薄でサイテーな男の役がホントによくハマる笑。『アメリカン・ハッスル』も『そんな彼なら捨てちゃえば?』もサイテーだったけど、今回も負けず劣らずにヒドい。

何か小狡いとゆうか、中途ハンパに頭良いのもムカつく。大っ嫌い笑。てのを毎回思わせてくれるんだから、役者としてはかなり巧い、つーことで、かなり遠回りな褒め言葉です笑。

けどあんなにイケメンなのに、ムカつくキャラをマジメに演じられる、てのはホント貴重だと思う。黙ってたらスーパー爽やかだもんなあ。

とまあ、アランもフィルもムカつくんだけど、それよりも圧倒的にイライラするのはダントツでステュ (エド・ヘルムズ) なんだけどね。明らかに一番悲惨な状況なのはわかるけど笑。

さいごに

実のところ一番面白かったのはエンドロール。「酔っ払ったときのバカな写真」な感じがすっごいリアルだった。本編はココへの壮大なフリ、てことで。

けっこうケチつけたけど、何だかんだ言って続編も気になる。パート3はすこぶるイマイチみたいだから、パート2だけでも、いずれ機会があったら観てみよう、かな。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

作品情報

あらすじ

2日後に挙式を控えたダグ (ジャスティン・バーサ) は、バチェラー (独身) パーティーと呼ばれる結婚前夜祭をラスベガスで過ごすことにする。彼は親友のフィル (ブラッドリー・クーパー) やステュ (エド・ヘルムズ) らと共に一路ラスべガスへ。だが、翌日ホテルで目を覚ますとひどい二日酔いで、花婿になるはずのダグの姿はどこにもなく……。

via: シネマトゥデイ

iTunesで観る。▷ ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(字幕版) / (日本語吹替版)

 -2000年代の映画 ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

フィクサー (2007)【映画025】

『フィクサー』鑑賞。ちょっとややこしくて地味ですが、落ち着いた雰囲気の大人なサスペンスを堪能できます。

ディパーテッド (2006)【映画079】

男は、死ぬまで正体を明かせない。

猫の恩返し (2002)【映画032】

全体的にほのぼのとしていて落ち着きます。なーんにも考えずにサクッと観られて、愉快な気持ちにさせてくれる映画です。

300〈スリーハンドレッド〉(2007)【映画】

300人VS1,000,000人、真っ向勝負!

人生万歳!(2009)【映画】

これぞ、ハッピー・エンディング。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2008)【映画043】

大好きなデヴィッド・フィンチャー監督作品。「逆回転」という発想だけで「普通の人生」を「物語」にまで昇華させてるのがスゴイです。人生についていろいろと考えさせられる素晴らしい映画。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (2006)【映画】

『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』鑑賞。ギャグか、てくらいのハリウッド的日本感がツッコミどころ満載です。

96時間 (2008)【映画】

リュック・ベッソン製作の『96時間』を観ました。何も考えないで観れて、それなりに楽しめて、スカッとできるフレンチアクション、最高です。

プラダを着た悪魔 (2006)【映画030】

『プラダを着た悪魔』鑑賞。華やかで軽くて、人生哲学めいたことをいろいろと考えることもできるけど、あんまり説教臭くないので余計なこと考えなくても楽しめます。いろんな見方ができるステキな映画です。

ワイルド・スピードX2 (2003)【映画105】

限界を突き抜けろ!

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly