ベスト・キッド (2010)【映画】

      2014/12/02

あの伝説が北京で甦る!

ベストキッド ジェイデンスミス

『ベスト・キッド (The Karate Kid) 』鑑賞。2010年アメリカ。ハラルド・ズワルト監督。140分。

弱々しい高校生が空手の老師匠と出会い、修行を通じて心身共に強く成長していく姿を描いた1985年公開の名作『ベスト・キッド』のリメイク。

via: シネマトゥデイ

ウィル・スミスほか製作。主演はジェイデン・スミス (息子!) 。共演にジャッキー・チェンほか。

つか、上映時間140分て、長っ!テレビ版で観たんだけど、半分くらいに圧縮されてんじゃねーか笑。あんまり違和感なかったから、コンパクトになって返ってよかったのかもしれない。

空手じゃねーし笑

何で今さら『ベスト・キッド』のリメイク?て思ったけど (てオリジナル観たことないんだけど) 、舞台が中国になってたりして、大人の事情的なニオイがプンプンする。(子供の物語なのに、クロい) 。

つか原題はオリジナルのままなのに、空手じゃなくてカンフーになってるし笑!メチャクチャだないろいろ。

けどオリジナルは観たことないし、とゆうか本作から辿って元ネタがあるってことを知ったくらいだから、ある意味まっさらな気持ちで観ることができた。

うん、これオリジナルも観て比べてみたい。ふざけんな!て気分になりそーだけど笑。先にこっち観といてよかった笑。

ハリウッド的中国

ハリウッドが作る「日本」て、ギャグか!てくらいデフォルメされててヒドいけど、この「中国」は中国人から観たらどーなんだろ。

さすがに北京でカンフーは流行ってねーと思うけど笑、なんせ10億人以上いるからな。山の上の虎の穴的な秘境とか、探せばあんのかもしんない。て、ねーか笑。

けどどこまでがギャグなんだろ、てのがよくわかんないくらいぼくは今の中国のことを知らない、てことに気づかされてちょっとビックリした。

いや、まあいわゆる中国っぽい雰囲気、てのは「日本」のそれと大差ねーし、アメリカさんから見たら日本も中国も一緒くたなんだろーな、なんてことも思ったりもした。まあ、我々からすればアメリカとカナダの区別がほとんどつかない、てのと似たようなもんか。

いじめはダメよ

これ他の映画 (『フルメタル・ジャケット』だったかな。) の感想でも書いたよーな気がするけど、フィクションでもいじめの描写ってのはホントにイヤな気分にさせられる。またあのいじめっ子の中国人 (チョン) ときたら、顔が実に憎たらしい笑。

まあ、だからってその仕返しとばかりに強くなってやろう、てゆうマッチョイズム全開な考えかたもどーかとは思うけど。

何だかでも最後のほうは、そーゆう趣旨とかけっこうどーでもよくなっちゃってたのが逆に良かった。最終的には爽やかスポーツ少年万歳!みたいな単なるスポ根になってたし笑。

何で急に良いやつになってんだよお前! (チョンね) てひとりで観てたのに思わず声に出してしまった笑。まあ、子供に罪はない、てことかな。教えた大人が全部悪いのさ笑!

カワイすぎるジェイデン・スミス

もうね、ジェイデン・スミスがカワイすぎるだろこの映画!最大の見どころ、とゆうか全て笑。男のコをカワイイと思ったのははじめてかもしんない。

またあのヒロインの中国人ガールフレンドが不細工まくる笑から、ジェイデンのカワイさが余計に引き立つ。何で好きになったんだろ。

七夕祭りの影絵小屋で、安易にキスなんかしちゃってヤダヤダとか思ってたけど、このシーンがあとあとの伏線になってたのには驚いた。

ジャッキーとのトレーニングが影絵みたいになってるシーンね。あそこすごく良かった。鳥肌立ったよ!

「水に映る自分」とか「相手の動きに合わせてるようで実は操ってる」とかの「カンフーの教え」が、「影絵」て小道具と見事に繋がってる

それと、ハン (ジャッキー) とドレ (ジェイデン) の立場が実は合わせ鏡みたいになってた (教えてると思ったら教わってた、みたいな) てことにも気づかされて、一気に捲したててくる。すごいすごい!

ジャッキーは枯れた老師の役がすっごいよくハマっていた。ストイックな雰囲気がとってもカッコイイ。コミカル描写なしでも、イケるのね。

さいごに

ジャッキーカコイイ!とか言いつつ、ジャケットを着て!のシーンは思わず笑っちゃったんだけどね。カンフーの動きは日常の中に潜んでる。うんうん、嫌いじゃないよそーゆうの笑

しかも全然バカにしてる風じゃないのがまた素晴らしい。大マジメにやってるからハマっちゃうんだよなあ。

てボク自身はバカにしてるみたいだけど、決してそんなことはありません笑。マジメに他のカンフー映画、とゆうかジャッキー映画も観てみたくなった。ほとんど観たことないんだよなあ。あ!その前にまずはオリジナルの『The Karate Kid』を観ないと。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

作品情報

あらすじ

母親の転職で、アメリカから北京に引っ越して来た11歳のドレ(ジェイデン・スミス)は、言葉や文化がまるで異なる環境の違いから、いじめに遭ってしまう。そんなある日、ドレはカンフーの達人であるハン(ジャッキー・チェン)に出会い、猛特訓を開始。抜群の精神力を秘めていたドレは、見違えるように強い少年へ成長していくのだが……。

via: シネマトゥデイ

iTunesで観る。▷ ベスト・キッド [2010] (字幕版) / (日本語吹替版)

 -2010年代の映画 ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

鍵泥棒のメソッド (2012)【映画095】自分情報ノートを作りたくなった

入れ替わった人生、大金の行方、そして結婚___。その先にはなんと、史上最高に爽快でトキメくラストが待

フランシス・ハ (2012)【映画】

ハンパなわたしで生きていく。

365日のシンプルライフ (2013)【映画】

フィンランドからやってきた「人生で大切なもの」を見つけ出す365日のモノがたり。

インターステラー (2014)【映画】2014年宇宙の旅

地球の寿命が終わる。人類の挑戦が始まる。

るろうに剣心 (2012)【映画034】

『るろうに剣心』鑑賞。ストーリーにもうちょっと深みが欲しかったですが、殺陣やキャストは素晴らしかったです。

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

グランド・ブダペスト・ホテル (2013)【映画】

“伝説のコンシェルジュ”が、究極のおもてなしとミステリーで、皆様をお待ちして

複製された男 (2013)【映画】

“脳力”が試される、究極の心理ミステリー。あなたは、一度で見抜けるか__。

劇場版チェブラーシカ (2010)【映画059】

ロシア生まれのパペットアニメ。

曇りのち晴れ【映画】アリスのままで (2014)

もうすぐ私は、すべてを忘れる。けれども愛した日々は、消えはしない。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly