100歳の華麗なる冒険 (2013)【映画】

      2014/12/02

100歳になっても未来は予測不可能。だから人生はおもしろい!

100歳の華麗なる冒険

試写会にて『100歳の華麗なる冒険 (Hundraåringen som klev ut genom fönstret och försvann / The 100-Year-Old Man Who Climbed Out the Window and Disappeared) 』鑑賞。2013年スウェーデン。フェリックス・ハーングレン監督。115分。

スウェーデンのベストセラー小説「窓から逃げた100歳老人」を映画化し、ヨーロッパ各国で大ヒットを記録したアドベンチャーコメディー。100歳の誕生日に老人ホームから逃走した男性が繰り広げる、成り行きまかせの珍道中が展開する。

via: シネマトゥデイ

主演はロバート・グスタフソン。共演にイヴァル・ヴィクランデル、アラン・フォードほか。11月8日公開。

いやあサイコーに面白かった!しんみりするシーンがひとつもなくて、終始明るさに満ちあふれている。それでいて適度にユルくて、いたるところクスクス笑える。100歳老人、恐るべし笑!

まさにアドヴェンチャー

老人が主人公のほのぼのロードムービー、みたいな映画を想像してたけど、そんな生易しいもんじゃなくて、良い意味で裏切られた。ブラックジョークてんこ盛り、行き当たりばったりのドタバタ珍道中。

つかこれロードムービーですらなくて、まさにアドヴェンチャー〈冒険〉てタイトルがピッタリ!(原作のタイトルのがステキで、何でこんなだっせー邦題に変えたのかなあなんて思ってましたごめんなさい)

コメディだしスパイ映画だし爆破もスゴい (笑) し、ひとりの男の激動の生涯を描いた大河ドラマだし、歴史上の人物もたくさん出てくるモノマネ映画だし笑、いろんなジャンルが詰まってて、お得感がものすごい。

ノーベルを生んだ国で、爆弾狂の主人公って笑。設定からして天才まくる。

スウェーデン版『フォレスト・ガンプ』みたなことも言われてるけど、ちょっと印象違うかなあ。

つかね、過去のパートよりも現代パートの展開が面白すぎて、偉人たちとの交流はちょっと霞んじゃってるように感じた。いや、ぼくが世界史に疎いから、大して惹かれなかっただけかもだけど。

あ、そんでもオッペンハイマーが出てきたのにはちょっとアガったなあ笑。あとあと、レーガンの件もサイコーだった。つかレーガンちょー似すぎ笑。全体的にみんな似てるから、モノマネ映画としても楽しめる、てのはある。

けどまあ、少なくとも『フォレスト・ガンプ』みたいな深い感動は全くない笑 (もちろん良い意味で) 。

どんな愉快な映画でも、大抵しんみりするシーンて挿まれてたりする。そーゆうシーン入れなくちゃいけない、て決まりでもあんのかと思うけど、そんな「泣き」のシーンが巧くいってる映画って、実はかなり少ない。多くは退屈でしかなかったりする。

本作はそーゆうしんみりするシーンがマジでひとつも出てこない

極論をいっちゃうと、コメディとかアクションに泣かせるシーンていらないんだよね。つかヘタに交ぜて退屈になるくらいなら、いっそないほうが潔い。

独特の「間」

それにこの映画、随所に「間」が素晴らしくて、イチイチ可笑しい。全体的にのんびりしてるのは主人公がおじいちゃんだからか、はたまたスウェーデンのお国柄なのか。

スウェーデンて、何だか程よく「抜け」てるんだよね。あんまり押し付けがましくないとゆうか、全体的にすっごいテキトーな感じがする。これももちろん良い意味で!

これは「暗いシーンがひとつもない」てこととも関係するけど、シーンごとの「間」が独特だから、全体のメリハリとか緩急を意識する必要がないんじゃないか、て気がした。

場面ごとの「間」でメリハリが効いているとゆうか、普通の映画 (とゆうか物語) がひとつの「波」で表されるとしたら、本作はいくつもの波が重なり合った「波束」って描像がしっくりくる

全編突っ走ってるようだけど、何だか全体的にフワフワしてて、のんびりしてるけどテンポもいい。そんなとらえどころのない二面性は、独特のユルい「間」に潜んでいるんじゃないかな、て気がする。

残虐だけど下品じゃない

死体で遊んだりとかの、きっついブラックジョークはコーエン兄弟の映画みたい。

よくよく考えるとけっこう残虐、てシーンもちょこちょこあるんだけど、上品さを失わないから不快な気分には全くならない。とゆうか、そもそもあまり残虐だと思わない (コーエン兄弟はどうも下品で好きになれない) 。

いや、トイレのシーンとか下ネタもけっこうあるし、決して上品ではないか笑。けど下品まではいかない距離感。純粋に可笑しさだけを感じることができる。素晴らしいバランス。

ポスターにもある (そして予告編にもチラッと出てくる。最下部参照) 「象」のシーンはホントにサイコーだったなあ笑。ゼッタイ何か起こるぞって空気が充満してんだけど、予想のはるか斜め上をいってくれた笑。

テキトーさが愛おしいキャラクタたち

この映画、全ての登場人物がとにかくテキトー (笑) てのも魅力的まくる。何かマジメに生きてるヤツがひとりもいない笑。いや、個々人はちょーちゃんと生きてるんだけど、はたから見たらぶっ飛びすぎな人たちばっかりでしょ。

警察とか信じがたいほどテキトーだし笑、悪党たちのバカさ加減なんかも実に絶妙。

そいや、あのゴロツキたちってバイク・クラブを名乗ってて、そのジャケットがちょー重要小道具だったりもするんだけど笑、何かそんな設定って『ミレニアム』にも出てきたよーな……。

あれっていわゆる暴走族のことだよね。スウェーデンでは悪党イコール暴走族なのか?あるいは『ミレニアム』のパロディ笑?

あとこれはパロディてのとはちょっと違うけど、スウェーデンではキツネってどーゆうイメージを持たれてんだろ、てのがちょっと気になった。

とゆうのも、オープニングでキツネが猫を殺しちゃうシーンが出てくるんだけど、『なまいきチョルベンと水夫さん』でも野ギツネって憎むべき存在として描かれてたんだよね。

スウェーデンではキツネってそーゆう位置づけなんだろうか。日本では化かしたりとか、ちょっと狡賢いイメージだけど、お稲荷さんとして祭られてたりとかもして、そこまで極端に悪役ってわけでもないよーな……。

スウェーデンとキツネ、頭の片隅に置いておきたい、ちょっと気になるテーマ。

壮大なシーンのチグハグ感笑

そいやこの映画、橋の爆破とか「死体」の行く末とか、主人公たちが出てこない、けっこうどーでもいいシーンがめちゃくちゃ壮大で、そのチグハグ感も何だかじわじわ可笑しかった。

資料映像みたいな画 (しかもほとんど一瞬しか映らない) にこそ金が掛かってんじゃね?つか狙ってんのかむしろ笑?

チグハグと言えば、風景もだよなあ。スウェーデンの、たぶんホンっトに何にもないド田舎が舞台だけど、ビックリするくらいに景色がキレイなんだよね。ザ・長閑

物語のしょうもなさ (さらっと言った笑) やテンポと、風景が全然マッチしてなくてモヤモヤさせられる笑。ゆったりしてんのか過激なのかよくわかんない、何とも不思議な世界観は、このチグハグな景色とも関係があるんじゃないか、て気がした。

さいごに

行き当たりばったりなのに、全部うまいこと繋がって、最終的に丸く収まる展開は見事とゆうほかない。

暗い気持ちになる要素が微塵もなくて、ブラックコメディなのにどこか上品で、ユルさが絶妙な素晴らしい映画。スウェーデン、サイコーです!

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

オマケ

原作は世界的ベストセラー『窓から逃げた100歳老人』。ぼくは絶賛積読中笑。映画も観たことだし、そろそろ読もーかと思っている。

そいや、(予告にもちょっと出てるけど) 窓から逃げるシーンはとっても良かったなあ。おじいちゃんだからゆっくりだし大したアクションじゃないのに、なぜかすっごいダイナミックだった!

作品情報

公式ページはこちら。▷ 映画『100歳の華麗なる冒険』

こんな太っ腹な企画も開催中 (2014/11/30まで) !当たるといいなあ。

アランと旅に出ようプレゼントキャンペーン『100歳の華麗なる冒険』

あらすじ

かつて爆弾の専門家として各国要人と渡り合い、数々の歴史的事件に立ち会ってきたアラン (ロバート・グスタフソン) は、100歳の誕生日に老人ホームを抜け出す。その後予期せず高額のお金が入ったケースを手に入れた彼は、ギャングと警察両方から追跡されるハメに。途中出会った個性的な仲間たちを巻き込んだ珍道中を通し、アランは自身の波瀾万丈な人生を思い返していく。

via: シネマトゥデイ

予告編

映画『100歳の華麗なる冒険』 – シネマトゥデイ

 -2010年代の映画 , , ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

借りぐらしのアリエッティ (2010)【映画】

人間に見られてはいけない。

曇りのち晴れ【映画】アリスのままで (2014)

もうすぐ私は、すべてを忘れる。けれども愛した日々は、消えはしない。

あの日の声を探して (2014)【映画】人間の「弱さ」をあぶり出す「戦争」

泣きながら、生きる。

コクリコ坂から (2011)【映画】

スタジオジブリの映画『コクリコ坂から』を観ました。明るさと暗さのバランスが絶妙な、とてもステキな雰囲気の物語でした。

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

そして父になる (2013)【映画058】

6年間育てた息子は、他人の子でした。

探偵はBARにいる (2011)【映画】

大泉洋さん主演の映画『探偵はBARにいる』を観ました。笑いあり涙あり友情あり、アクションあり謎解きありと盛りだくさんで、何となく得した気分になれます。

ゼロ・ダーク・サーティ (2012)【映画】

911テロからビンラディン殺害までの真実を描いた映画『ゼロ・ダーク・サーティ』を観てきました。リアリティと緊張感がハンパなくて、観終わった後どっと疲れました。

誰よりも狙われた男 (2014)【映画】

その瞬間、世界の全てが敵となった。

まほろ駅前狂騒曲 (2014)【映画】

バツイチ二人。その愛を、命がけで守れ、便利屋!

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly