「 2010年代の映画 」 一覧

テッド (2012)【映画028】

『テッド』鑑賞。徹底的にただただバカバカしい笑。そしてテッドがカワイイです。教訓めいたものは何もありません。最高!

アウトレイジ (2010)【映画023】

  2013/07/12   2014/12/02   2010年代の映画 , ,

『アウトレイジ』鑑賞。些細な綻びからおおごとに発展していく展開が好き。全体的に映像がキレイなせいか、暴力シーンもあまり下品にはなってないです。

ザ・タウン (2010)【映画】

  2013/07/08   2014/12/02   2010年代の映画 ,

『ザ・タウン』鑑賞。小説を読んでいるような静けさと深みのある映画。こんなに良くできたクライムサスペンスは久しぶりに観ました。

テルマエ・ロマエ (2012)【映画】

映画『テルマエ・ロマエ』鑑賞。原作のファンですが、映画も原作以上に楽しめました。

オブリビオン (2013)【映画】

トム・クルーズ主演『オブリビオン (Oblivion) 』を観てきました。想像してたのとはちょっと違う雰囲気で、なかなか奥の深い内容。何か久しぶりに良い意味で裏切られて大満足です。

探偵はBARにいる (2011)【映画】

  2013/06/02   2014/10/31   2010年代の映画 , ,

大泉洋さん主演の映画『探偵はBARにいる』を観ました。笑いあり涙あり友情あり、アクションあり謎解きありと盛りだくさんで、何となく得した気分になれます。

ヒッチコック (2012) 【映画】

映画『ヒッチコック』を観ました。ヒッチコック夫妻愛の物語。感動です。まさかヒッチコックに泣かされるとは!

コクリコ坂から (2011)【映画】

スタジオジブリの映画『コクリコ坂から』を観ました。明るさと暗さのバランスが絶妙な、とてもステキな雰囲気の物語でした。

フライト (2012)【映画】

デンゼル・ワシントン主演の映画『フライト』を観てきました。期待してたのとはちょっと違う感じではあったものの、これはこれで全然アリというか、いろいろと考えさせられる映画で、とてもよかったです。

ゼロ・ダーク・サーティ (2012)【映画】

911テロからビンラディン殺害までの真実を描いた映画『ゼロ・ダーク・サーティ』を観てきました。リアリティと緊張感がハンパなくて、観終わった後どっと疲れました。

ドラゴン・タトゥーの女 (2011)【映画】

誰がハリエットを殺した?

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly